菊芋イヌリンのパワーを発揮する飲み方

血糖値の上昇を抑え、低GI食品として大人気のイヌリン。甘味料などにも使われていて、血糖値や糖尿病でお悩みの方に好評です。食材からそのまま摂取することもできますが、最近では手軽に栄養が摂れるサプリメントも登場しています。

 

イヌリンは水溶性食物繊維に分類され、腸内ではオリゴ糖の一種として善玉菌のエサにもなります。そのため、腸に入ると老廃物をスムーズに排出する役目を果たしつつ、善玉菌を増やして腸内環境を改善してくれるという、一石二鳥のパワーを持っているのです。

 

しかし、イヌリンを含む食材を毎日食べ続けるのは意外に難しいもの。忙しいとき、外出が多いとき、一日1〜2食しか食べられない時などには、調理する暇すらありません。

 

そこで、忙しい方にオススメしたいものが、イヌリンをぎゅっと一粒に凝縮したサプリメントです。

 

サプリメントなら確実に摂取できる!

菊芋イヌリンのサプリ

イヌリンは菊芋やチコリー、ごぼう、玉ねぎ、ニラなどに含まれています。菊芋以外は普通に手に入る食材ですが、食品から摂取するにはたくさんの量を食べなければなりません。

 

食材を調達する手間がかかりますし、食材を調理しなければならないので、栄養素を摂るだけでも一苦労。しかも菊芋などは必ず店頭に並んでいる食材ではないため、買い物に行っても肝心の食材が手に入らないと、イヌリンを継続して摂取するのは難しくなってしまいます。

 

しかしサプリメントなら食材を探し、調理する手間が省けて、確実に摂取できます。

 

イヌリンの一日の必要摂取量は粉末タイプにして5g〜15g。平均的には10g程度となります。サプリメントなら決められた用法・用量を守って飲むだけで、必要摂取量を簡単に満たすことができるんです。

 

サプリメントなら過剰摂取を予防できる

過剰摂取を避ける

イヌリンは水溶性食物繊維に分類されるので、大量に摂取するとお腹がゆるくなるおそれがあります。でも、ダイエットやデトックスに夢中になっていると、「ちょっと多めに摂った方が効くかもしれない」と思って、つい過剰摂取をしてしまいがちに。

 

薬ではないので、多めに摂取しても問題はないのですが、腸のぜん動運動が活発になりすぎてトイレの回数が増えたり、軟便やガスがたくさん発生するといったリスクがあります。

 

外出先などで軟便や膨満感になると困ってしまいます。でも、サプリメントならその心配はなく、一日の用量を守って飲むだけでOKなのです。

 

サプリメントはリーズナブル

野菜に多く含まれているイヌリンですが、季節ものの野菜は急激に価格が上がる場合があり、必ず手に入るとも限りません。確実にイヌリンを摂取するためにはサプリメントが一番間違いがない方法で、しかもトータルで考えると野菜を買うよりお得になるのです。

 

小分けにして外出先にも持っていけますし、用量を守って飲むだけで過剰摂取の予防もできます。食事から摂れなくても、無理なく腸内環境を改善に導けるサプリメントは、健康第一を心がける方にとってまさに最適なアイテムと言えるのです!

 

イヌリンサプリ1人気

関連ページ

イヌリンサプリがダイエットに効果的な3つの理由
イヌリンサプリはダイエットにも有効です。血糖値の上昇を抑えるだけではなく、腸内環境を整える腸活に高い効果があると注目されています。ダイエットに興味がある方は参考に。
イヌリンサプリとヨーグルトの相乗効果で善玉菌を増やす方法
イヌリンサプリメントとヨーグルトを摂取すると善玉菌を効率的に増やすことができます。どのようなメカニズムで善玉菌を増やすことができるか解説しています。
イヌリンで便秘解消するってホント?
イヌリンの便秘解消効果について解説したページ。便秘でお悩みの方は菊芋イヌリンを続けて飲むとスーッと便通が解消されます。参考にしてください。
イヌリンが効かない時の対処法を教えます
イヌリンサプリは糖尿病改善や便秘解消、ダイエットに有効です。しかし、イヌリンでも万人に効くわけではありません。イヌリンが効かないときはどうしたらよいのでしょうか?
イヌリンよりもモリンガの方が糖尿病に効果的?
イヌリンには糖尿病の予防効果があると言われていますが、それよりもモリンガというスーパーフードに血糖値を下げる効果があることがわかりました。