イヌリンサプリメントとヨーグルトを一緒に摂取しよう

健康食材として注目されているイヌリンは、多糖類の一種で腸内環境の改善に良いと言われている成分。チコリーや菊芋、タンポポ、ゴボウなどに多く含まれている、天然の多糖類です。

 

多糖類=糖質なので、口に入れると甘味を感じます。砂糖と違い体内に吸収されない性質を持っているので、甘味料としても活用されています。

 

イヌリンは善玉菌を増やしてくれる

イヌリン

イヌリンは腸内に入ると分解されてフラクトオリゴ糖になります。フラクトオリゴ糖は善玉菌が大好きなオリゴ糖の一種。エサとして取り入れたあとは、数をどんどん増やします。

 

善玉菌の数が増えるということは、悪玉菌を退治して腸内環境を改善してくれるということですから、定期的なお通じや老廃物の効率的な排出にも効果的。

 

腸内に補うものは、善玉菌だけではあまり効果がないと言われています。これは、フラクトオリゴ糖のようなイヌリンのエサとなるものが少ないと、善玉菌の数が増えず悪玉菌と戦う力が十分でないからです。

 

腸は口から摂りいれたものを消化し、排出する器官ですから、腸内環境は常に良好にしておく必要があります。善玉菌優位の環境をつくれば、ダイエットにはもちろん老廃物外に出すサイクルができ、むくみ予防や全身の代謝活動の改善、生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

イヌリンとヨーグルトの組み合わせ

ヨーグルト

イヌリンは甘味があることから、甘味料としても使われます。しかし食品から摂るのは大変ですから、時間がない方はサプリメントを活用するのがおすすめです。そこで、サプリメントと一緒に毎日の食生活にぜひとも取り入れたいものがヨーグルトです。

 

イヌリンは腸内で善玉菌のエサになると先ほども述べました。それと同時に、善玉菌自体も一緒に補ってあげることが大切なんです。ヨーグルトにはビフィズス菌やガゼリ菌、プロバイオティクス乳酸菌などさまざまな善玉菌が使われていますから、これらの有益な菌をたくさん摂って、さらにイヌリンでパワーアップをさせてあげましょう。

 

カルシウムとの相性もバツグン

カルシウム

イヌリンには、ヨーグルトに多く含まれるカルシウムの吸収を助ける効果もあります。体内におけるカルシウムの吸収効率を上げて、骨や歯をさらに強くします。カルシウムだけを補うならば、ヨーグルトの代用として牛乳を飲んでも良いのですが、善玉菌をしっかり補うことが腸内環境改善の秘訣です。

 

サプリメントでイヌリンを手早く補い、ヨーグルトなどいつもの食事をするだけでOK。これだけで腸内環境は改善に向かいます。イヌリンとヨーグルトは、とても相性のよいコンビと言えるのです。

 

イヌリンはサプリメントで摂ろう

イヌリンを食材から摂れない場合は、サプリメントが便利。天然の菊芋をそのままサプリメントにしたものは、薬のような副作用がないので安心して飲めます。

 

時間がない時でも手軽に口にできますし、ヨーグルトなどいつも食べているものと一緒に摂取することも可能。サプリメントなら調理の手間がなく、外にも持ち運べます。

 

イヌリンサプリ1人気

関連ページ

イヌリンサプリがダイエットに効果的な3つの理由
イヌリンサプリはダイエットにも有効です。血糖値の上昇を抑えるだけではなく、腸内環境を整える腸活に高い効果があると注目されています。ダイエットに興味がある方は参考に。
イヌリンで便秘解消するってホント?
イヌリンの便秘解消効果について解説したページ。便秘でお悩みの方は菊芋イヌリンを続けて飲むとスーッと便通が解消されます。参考にしてください。
イヌリンが効かない時の対処法を教えます
イヌリンサプリは糖尿病改善や便秘解消、ダイエットに有効です。しかし、イヌリンでも万人に効くわけではありません。イヌリンが効かないときはどうしたらよいのでしょうか?
イヌリンの最も効果的な摂取方法
菊芋イヌリンのサプリは色々出ていますが、どれを摂取するにしても一番効果的な飲み方をするのがおすすめ!では、どのようにイヌリンを摂取すればいいのでしょうか?
イヌリンよりもモリンガの方が糖尿病に効果的?
イヌリンには糖尿病の予防効果があると言われていますが、それよりもモリンガというスーパーフードに血糖値を下げる効果があることがわかりました。